スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Linuxディストリビューションの選び方

タックス
私は自宅サーバを構築して、運用しています。
「えっ?なら、なんでfc2でブログやってるの?」
って思われるかもしれませんが、諸事情により、fc2を利用させてもらってます。
(そんなことはどうでもよいのだが…)

その自宅サーバには、当然のことながら何かしらのOSを利用しているのですが、世の中の流れで言えば、やっぱりOSはWindowsですかね?
私は「サーバにWindowsは使えない。」と思い込んでいる人間ですから、当然Linuxを使うわけです。
もしもWindowsであれば、WindowsXPでいいかなーとか、Windows Server 2003だとか迷うことはあっても、選択肢はせいぜい3~4つ程度でしょう。
でも、OSがLinuxとなれば、星の数ほど選択枠があるわけです。
そんなディストリビューションの選び方もわからない初心者のために、まずは有名どころのディストリビューションの特徴を書いていきたいと思います。


Red Hat Enterprise Linux
超有名Linuxディストリビューションの一つである、RHELです。
有償となっておりますが、有償のパッケージを省いたソースは入手可能。
それを元に、自分でRHELのクローンOSを構築してみるのも上級者の楽しみ!?

CentOS
上記のRHELのクローンOSを目指したディストリビューションの一つです。
当初は、White Box Enterprise Linuxが有名でしたが、開発を停止してしまったため、現在はCentOSがデファクトになっております。
ちなみに、私の自宅サーバのOSはこれです。
CentOS3の時代からお世話になっております。
仕事でもRHELを触っていましたので、検証用としても大活躍です。

Debian
完全フリーのOSを開発することを目標としている。
また、カーネル自体Linuxとは決められておらず、他のカーネルのフリーOSも開発されているそうです。
DebianのLinuxの特徴としては、安定指向、パッケージ管理の容易さなどがあります。
使ったことは無いのですが、一度機会があれば、触ってみたいOSの一つです。

Ubuntu
Debianベースのディストリビューションです。
インストール時のクリック数が7回で済んでしまうと言われるほど簡単にインストールが可能なLinuxです。また、最近はデスクトップ環境の充実を目指したOSとして、Windowsの代替OSとしてDELLのネットブックPCにも採用されてしまうほど、人気が高まってきました。
また、もともと欧州では絶大な人気を得ていることから、今後日本でも人気になるのではないかと言われています。(現に徐々にではありますが、人気が出てきているようです。)
ただ、元がDebianなだけに、サーバ用としても十分に使えるんではないかと思ってますので、サーバとしても使ってみたいと思ってます。
(パッケージとしてサーバ版がちゃんと用意されています。)

Slackware
超古典的なLinuxで、コマンドをガリガリと叩いて、スクリプトをガリガリと書いて、ソースからコンパイルしてアプリケーションをインストールしたい人には、打ってつけのディストリビューションです。
恐らく、Linuxの中では超硬派な部類に入ると思います。
Linuxの超上級者に好まれているディストリビューションですが、逆に言えば、Linuxを勉強するために使っても良い非常に柔軟なLinuxになっています。
極めたい方は、是非どうぞ。


以上、私が個人的に使ってみたいなと思う物も含めて5つ挙げさせて頂きました。
他にもSuSEやFedora、Turbo、Knoppixと挙げてたらキリが無いほどありますが、概ねLinuxを語るには、現在はこの5つで十分ではないかと思っています。
この中でおすすめなのは、やはり私も使用しているCentOSです。
ビジネスでも使われているRed Hat Enterprise LinuxのクローンOSですから、安定していないはずがありません。また、先進的な機能を試すためのディストリビューションであるFedoraも有名ですが、これは安定しているとは言えないため、長期間使うには全く役に立ちません。
そして、使ったことは無いのですが、最近使ってみたいなと思っているのは、Ubuntuです。
どれほど使い易いのか、試してみたいと思ってます。
もし、使い勝手が良ければ、サーバとクライアントを分けて、使用したいとも思ってます。

今後は、CentOSの情報を中心にブログを書いていく予定ですので、もしも興味のある方は、定期的にアクセスして頂ければと思っております。
最近は、サーバとしてだけではなく、クライアントとしても利用していますので、Windowsからの切り替え方法なども含めて、CentOSの利用方法をご紹介できればと思っています。
結構頑張れば、Ubuntuに匹敵するかそれ以上に安定したクライアントマシンを構築することが可能です。

以下、参考リンクです。

Wikipedia(Linux)
Wikipedia(Linuxディストリビューションの比較)
Wikipedia(Red Hat Enterprise Linux)
Wikipedia(CentOS)
Wikipedia(Debian)
Wikipedia(Ubuntu)
Wikipedia(Slackware)


関連記事


FC2Blog Rankingblogram投票ボタンとれまが人気ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
くる天 人気ブログランキングにほんブログ村 IT技術ブログ CentOSへ

テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

WING☆

Author:WING☆


カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

WING☆からのお知らせ
  • CentOS 7設定集
  •    └wingリポジトリ(el7)

  • CentOS 6 x64設定集
  •    └wingリポジトリ(el6)

  • CentOS 5 x64設定集
  •    └wingリポジトリ(el5)



    My Yahoo!に追加

    FC2ブログランキング



    リンク
    ブロとも一覧
    Virtualization & Sever Maniax
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QRコード
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。