スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CentOS 6.5 x86_64でMySQLからSCL版MariaDBへ移行

タックス

12月未明にCentOS 6.5がリリースされましたが、先日ご紹介しましたSCLもテスト版ながら公開(x86_64のみ)されていましたので、MySQLからMariaDBへの移行方法をご紹介致します。

    今回ご紹介するのはテスト版のため、今後正式リリース時には、バージョンやURLのPath等が違ってくる可能性もありますが、CentOS 5.10で本体に取り込まれることを考えますと、repoファイルが要らなくなることも想定されますので、注意して作業を進めてください。

    なお、今回のSCL版が公開されたことにより、wingリポジトリでのmysql、mariadbのrpmの提供を廃止したいと思いますのでご了承ください。
    また、mroongaをご利用されている方については、恐らく公式にてサポートされる可能性が高いため、公式アナウンスを待ってご対応をお願いします。
    廃止時期については、mroongaの対応を見て検討したいと思っております。

  • 始めに

  • 今回は私のwingリポジトリで公開していましたmariadb 5.5.34からSCL版mariadb 5.5.32への移行方法となります。
    ただ、基本的にはバックアップを取ってリストアをする手順をご紹介しますので、標準のMySQL 5.1系やwingリポジトリで公開していますMySQL 5.5/5.6でも同様の手順で行うことができると思います。
    もしも現在MySQLをご利用の場合は読み換えて、十分な検証の後に移行をしてください。

  • SCLリポジトリインストール

  • # cd /etc/yum.repo.d/
    # wget http://dev.centos.org/centos/6/SCL/scl.repo
    ※ 現在テスト版のため、URLが変わる可能性があります。

  • SCL版mariadbのインストール

  • # yum -y install mariadb55-mariadb-server

  • my.cnfの設定

  • SCL版のmariadbのmy.cnfは/opt/rh/mariadb55/root/etc/にあります。
    必要に応じて、元のmy.cnfの記述を/opt/rh/mariadb55/root/etc/my.cnfに設定してください。

  • フルバックアップ

  • 現在動作しているDBのバックアップを取ります。

    # mysqldump -u root -p -x --all-databases > dump_all.sql

  • mysqldの停止

  • # service mysqld stop

  • SCL版mariadbの起動

  • # service mariadb55-mysqld start

  • フルリストア

  • # mysql -u root < dump_all.sql

  • 設定反映及び再起動確認

  • # service mariadb55-mysqld restart

  • mariadbに関連するサービスの停止

  • 私の自宅サーバの場合は、dovecot、postfix、httpdを停止しました。
    # service dovecot stop
    # service postfix stop
    # service httpd stop

  • wingリポジトリ版mariadbのアンインストール

  • 依存関係で他のパッケージがアンインストールされるのを防ぐため、rpmコマンドでアンインストール。

    # rpm -e --nodeps mariadb mariadb-libs mariadb-server mysqlclient16
    ※ その他各自環境によって必要なものは同時にアンインストールしてください。

  • 現パッケージの依存関係を解決

  • mysqlclient16の代わりに、標準のmysql及びmysql-libsをインストールします。

    # yum -y install mysql

  • mariadbに関連するサービスの起動

  • # service dovecot start
    # service postfix start
    # service httpd start

    動作確認し作業完了です。

  • ちなみに…

  • DBを停止した後、/var/lib/mysqlの中身を/opt/rh/mariadb55/root/var/lib/mysqlにそのままコピーして試してみましたが、うまくいきませんでした。
    ログには何か無いみたいなことが出てましたが、ログ取るのを忘れたのであまり追求しませんでした。
    今回はmariadb 5.5.34から5.5.32なので問題無く出来ると思ってましたが、なぜうまくいかなかったのかご存知の方は、教えてくださいませ。


    以下、参考リンクです。

    Wikipedia(Linux)
    Wikipedia(CentOS)
    Wikipedia(MariaDB)
    Wikipedia(MySQL)
    MariaDB
    MySQL
    Red Hat Software Collections 1.0

関連記事


FC2Blog Rankingblogram投票ボタンとれまが人気ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
くる天 人気ブログランキングにほんブログ村 IT技術ブログ CentOSへ

テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

WING☆

Author:WING☆


カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

WING☆からのお知らせ
  • CentOS 7設定集
  •    └wingリポジトリ(el7)

  • CentOS 6 x64設定集
  •    └wingリポジトリ(el6)

  • CentOS 5 x64設定集
  •    └wingリポジトリ(el5)



    My Yahoo!に追加

    FC2ブログランキング



    リンク
    ブロとも一覧
    Virtualization & Sever Maniax
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QRコード
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。