CentOS 5.8 x64でZabbix 2.0を設定

タックス

先日、サーバの監視用としてCactiをご紹介しましたが、やはりたくさんのサーバや大規模系のシステムを監視するにはちょっと面倒。
そんな時にはZabbixがおすすめです。
現在、Zabbixの2.0がテスト的にrpmを公開していますが、その設定方法をご紹介したいと思います。

  • 前提条件

  • epelリポジトリが導入されており、Apache、PHP、MySQLがインストールされていることが前提です。
    また、MySQLはwingリポジトリのmysql55をインストールする手順ですが、標準のmysqlやmysql51を使用してもかまいません。
    その他、Apache 2.4系を前提に記載しますが、2.2系の方も問題の無い設定ファイルを提示しています。
    PHPはtimezoneの設定を行わないと、うまく動作しませんので注意が必要です。

    ※ zabbixのrpmはテスト的に置かれているサーバで、今後正式にZabbixのリポジトリに組み込まれることになると思いますので、その際には注意して下さい。(2012/09/24現在)
    ※ epelリポジトリでel6用のzabbix 2.0.4が公開されました。パッケージ名はzabbix20です。(2012/12/27現在)

  • 必要なパッケージのインストール

  • # yum install mysql55-server \
    > curl \
    > net-snmp \
    > unixODBC \
    > OpenIPMI-libs \
    > php-bcmath \
    > php-gd \
    > php-mbstring \
    > php-mysql \
    > php-xml \
    > ipa-pgothic-fonts \
    > fping \
    > iksemel

  • 必要なパッケージをダウンロード

  • # mkdir zabbix2
    # cd zabbix2
    # wget http://www.kodai74.net/packages/non-supported/rhel/5/x86_64/libssh2-1.4.0-2.el5.x86_64.rpm
    # wget http://www.kodai74.net/packages/zabbix/zabbix-2.0/rhel/5/x86_64/zabbix-2.0.2-1.el5.x86_64.rpm
    # wget http://www.kodai74.net/packages/zabbix/zabbix-2.0/rhel/5/x86_64/zabbix-agent-2.0.2-1.el5.x86_64.rpm
    # wget http://www.kodai74.net/packages/zabbix/zabbix-2.0/rhel/5/x86_64/zabbix-get-2.0.2-1.el5.x86_64.rpm
    # wget http://www.kodai74.net/packages/zabbix/zabbix-2.0/rhel/5/x86_64/zabbix-java-gateway-2.0.2-1.el5.x86_64.rpm
    # wget http://www.kodai74.net/packages/zabbix/zabbix-2.0/rhel/5/x86_64/zabbix-proxy-2.0.2-1.el5.x86_64.rpm
    # wget http://www.kodai74.net/packages/zabbix/zabbix-2.0/rhel/5/x86_64/zabbix-proxy-mysql-2.0.2-1.el5.x86_64.rpm
    # wget http://www.kodai74.net/packages/zabbix/zabbix-2.0/rhel/5/x86_64/zabbix-proxy-pgsql-2.0.2-1.el5.x86_64.rpm
    # wget http://www.kodai74.net/packages/zabbix/zabbix-2.0/rhel/5/x86_64/zabbix-proxy-sqlite3-2.0.2-1.el5.x86_64.rpm
    # wget http://www.kodai74.net/packages/zabbix/zabbix-2.0/rhel/5/x86_64/zabbix-sender-2.0.2-1.el5.x86_64.rpm
    # wget http://www.kodai74.net/packages/zabbix/zabbix-2.0/rhel/5/x86_64/zabbix-server-2.0.2-1.el5.x86_64.rpm
    # wget http://www.kodai74.net/packages/zabbix/zabbix-2.0/rhel/5/x86_64/zabbix-server-mysql-2.0.2-1.el5.x86_64.rpm
    # wget http://www.kodai74.net/packages/zabbix/zabbix-2.0/rhel/5/x86_64/zabbix-server-pgsql-2.0.2-1.el5.x86_64.rpm
    # wget http://www.kodai74.net/packages/zabbix/zabbix-2.0/rhel/5/x86_64/zabbix-web-2.0.2-1.el5.x86_64.rpm
    # wget http://www.kodai74.net/packages/zabbix/zabbix-2.0/rhel/5/x86_64/zabbix-web-japanese-2.0.2-1.el5.x86_64.rpm
    # wget http://www.kodai74.net/packages/zabbix/zabbix-2.0/rhel/5/x86_64/zabbix-web-mysql-2.0.2-1.el5.x86_64.rpm
    # wget http://www.kodai74.net/packages/zabbix/zabbix-2.0/rhel/5/x86_64/zabbix-web-pgsql-2.0.2-1.el5.x86_64.rpm
    ※ 念のため全てのパッケージをダウンロードしています。

  • Zabbixのインストール

  • # rpm -ivh libssh2-1.4.0-2.el5.x86_64.rpm \
    > zabbix-2.0.2-1.el5.x86_64.rpm \
    > zabbix-agent-2.0.2-1.el5.x86_64.rpm \
    > zabbix-server-2.0.2-1.el5.x86_64.rpm \
    > zabbix-server-mysql-2.0.2-1.el5.x86_64.rpm \
    > zabbix-web-2.0.2-1.el5.x86_64.rpm \
    > zabbix-web-mysql-2.0.2-1.el5.x86_64.rpm \
    > zabbix-web-japanese-2.0.2-1.el5.x86_64.rpm
    ※ エージェントは、監視対象のサーバにて設定して下さい。

  • MySQLのチューニング

  • # vi /etc/my.cnf
    [mysqld]
    :
    :
    # mysql 5.0
    default-character-set=utf8
    # mysql 5.5
    character-set-server=utf8

    innodb_file_per_table
    innodb_buffer_pool_size=512M
    innodb_log_file_size=64M
    :
    :

    # service mysqld start

  • MySQLの設定

  • # mysql -uroot -p
    mysql> create database zabbix character set utf8;
    mysql> grant all privileges on zabbix.* to zabbix@localhost identified by 'パスワード';
    mysql> exit
    # mysql -uroot -p zabbix < /usr/share/doc/zabbix-server-mysql-2.0.2/create/schema.sql
    # mysql -uroot -p zabbix < /usr/share/doc/zabbix-server-mysql-2.0.2/create/images.sql
    # mysql -uroot -p zabbix < /usr/share/doc/zabbix-server-mysql-2.0.2/create/data.sql

  • Zabbixサーバの設定

  • # vi /etc/zabbix/zabbix_server.conf
    DBPassword=パスワード

  • Zabbixエージェントの設定

  • Zabbixサーバと監視対象のZabbixエージェントが別々の場合に設定する。
    つまり、監視対象サーバが複数ある場合は、全てのサーバを以下のように設定しなければならない。

    # vi /etc/zabbix/zabbix_agentd.conf
    Server=192.168.1.x ← Zabbix ServerのIPアドレス
    ListenIP=192.168.1.y ← Zabbix Agent(監視対象サーバ)のIPアドレス
    ServerActive=192.168.1.x ← Zabbix ServerのActive CheckのためのIPアドレス
    Hostname=Zabbix server ← Zabbix Agent(監視対象サーバ)のホスト名

  • Zabbixサーバの自動起動設定

  • # chkconfig zabbix-server on

  • Zabbixサーバの起動

  • # service zabbix-server start

  • Zabbixエージェントの自動起動設定

  • # chkconfig zabbix-agent on
    ※ エージェントは、監視対象のサーバにて設定して下さい。

  • Zabbixエージェントの起動

  • # service zabbix-agent start
    ※ エージェントは、監視対象のサーバにて設定して下さい。

  • Apacheの設定

  • # vi /etc/httpd/conf.d/zabbix.conf
    #
    # Zabbix monitoring system php web frontend
    #

    Alias /zabbix /usr/share/zabbix

    <Directory "/usr/share/zabbix">
    <IfModule mod_authz_core.c>
    # httpd 2.4
    #Require host localhost

    Options None
    SSLRequireSSL
    AuthType Basic
    AuthName "Login"
    AuthUserFile "/var/www/.htpasswd"
    Require valid-user

    php_value max_execution_time 300
    php_value memory_limit 128M
    php_value post_max_size 16M
    php_value upload_max_filesize 2M
    php_value max_input_time 300
    # php_value date.timezone Europe/Riga
    </IfModule>
    <IfModule !mod_authz_core.c>
    # httpd 2.2
    Order deny,allow
    Deny from all
    Allow from localhost
    </IfModule>
    </Directory>

    <Directory "/usr/share/zabbix/conf">
    <IfModule mod_authz_core.c>
    Require all denied
    </IfModule>
    <IfModule !mod_authz_core.c>
    Order deny,allow
    Deny from all
    </IfModule>
    </Directory>

    <Directory "/usr/share/zabbix/api">
    <IfModule mod_authz_core.c>
    Require all denied
    </IfModule>
    <IfModule !mod_authz_core.c>
    Order deny,allow
    Deny from all
    </IfModule>
    </Directory>

    <Directory "/usr/share/zabbix/include">
    <IfModule mod_authz_core.c>
    Require all denied
    </IfModule>
    <IfModule !mod_authz_core.c>
    Order deny,allow
    Deny from all
    </IfModule>
    </Directory>

    <Directory "/usr/share/zabbix/include/classes">
    <IfModule mod_authz_core.c>
    Require all denied
    </IfModule>
    <IfModule !mod_authz_core.c>
    Order deny,allow
    Deny from all
    </IfModule>
    </Directory>

    # service httpd start

  • zabbixの設定

  • https://サーバー名/zabbix/にアクセスして下さい。

    cacti_01.png
    「Next>>」をクリック。

    cacti_02.png
    「Next>>」をクリック。

    cacti_03.png
    User、Passwordを入力し「Test connection」をクリック後、「Next>>」をクリック。

    cacti_04.png
    「Next>>」をクリック。

    cacti_05.png
    「Next>>」をクリック。

    cacti_06.png
    「Finish」をクリック。

    cacti_07.png
    Usernameに「admin」、Passwordに「zabbix」を入力し、「Sign in」をクリック。

    cacti_08.png
    「Profile」をクリック。

    cacti_09.png
    Passwordに任意のものを入力し、Languageに「Japanese(ja_JP)」選択後、「Save」をクリック。

    cacti_10.png
    「設定」→「ホスト」をクリックし、ステータスの「無効」をクリック。

    cacti_11.png
    「監視データ」→「最新データ」をクリックすると、グラフなどを確認することができます。

    その他、障害時にメールを飛ばすなどの設定もありますので、各自で調べて設定してみて下さい。
    以下、参考リンクです。

    Wikipedia(Linux)
    Wikipedia(CentOS)
    Wikipedia(Zabbix)
    ZABBIX
    ZABBIX-JP

関連記事


FC2Blog Rankingblogram投票ボタンとれまが人気ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
くる天 人気ブログランキングにほんブログ村 IT技術ブログ CentOSへ

テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

WING☆

Author:WING☆


カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

WING☆からのお知らせ
  • CentOS 7設定集
  •    └wingリポジトリ(el7)

  • CentOS 6 x64設定集
  •    └wingリポジトリ(el6)

  • CentOS 5 x64設定集
  •    └wingリポジトリ(el5)



    My Yahoo!に追加

    FC2ブログランキング



    リンク
    ブロとも一覧
    Virtualization & Sever Maniax
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QRコード
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる