CentOS 5.8 x64でmroongaを設定

タックス

先日、形態素解析でMeCabをご紹介しましたが、いろいろ模索していると全文検索で形態素解析が役立つことがわかった。
その後全文検索では現在groongaというものがあり、更にMySQLのPluginで組み込めるmroongaというものがありますが、これらをrpmパッケージ化しましたので、設定方法をご紹介します。

    RHEL5互換OS用 wingリポジトリ Ver.2を公開
    RHEL6互換OS用 wingリポジトリ を公開

    今回公開したパッケージは、MySQL 5.5系列のPluginとして動作するmysql55-mroongaです。
    インストールは、以下のコマンドで可能です。

    # yum install mysql55-mroonga

    もしも、既にmysqlがインストールされ、rootパスワードを登録し起動している場合は、自動でプラグインをインストールする処理に失敗します。
    そのような場合は、別途手動で以下のコマンドを実行して下さい。

    # mysql -u root -p
    Enter password:
    mysql > DELETE IGNORE FROM mysql.plugin WHERE name = 'mroonga';
    mysql > INSTALL PLUGIN mroonga SONAME 'ha_mroonga.so';
    mysql > CREATE FUNCTION last_insert_grn_id RETURNS INTEGER soname 'ha_mroonga.so';

    また、構文解析としてMeCabを使用する場合は、groonga-tokenizer-mecabをインストールし、/etc/my.cnfの[mysqld]セクションに設定を追加します。

    # yum install groonga-tokenizer-mecab

    # vi /etc/my.cnf
    mroonga_default_parser=TokenMecab

    最後にmysqlの起動です。

    # service mysqld start

    インストールされたmroongaエンジンが使える状態かを確認します。

    # mysql -u root -p
    Enter password:
    mysql > show engines;
    +--------------------+---------+----------------------------------------------------------------+--------------+------+------------+
    | Engine | Support | Comment | Transactions | XA | Savepoints |
    +--------------------+---------+----------------------------------------------------------------+--------------+------+------------+
    | FEDERATED | NO | Federated MySQL storage engine | NULL | NULL | NULL |
    | CSV | YES | CSV storage engine | NO | NO | NO |
    | MyISAM | DEFAULT | MyISAM storage engine | NO | NO | NO |
    | BLACKHOLE | YES | /dev/null storage engine (anything you write to it disappears) | NO | NO | NO |
    | MRG_MYISAM | YES | Collection of identical MyISAM tables | NO | NO | NO |
    | MEMORY | YES | Hash based, stored in memory, useful for temporary tables | NO | NO | NO |
    | mroonga | YES | CJK-ready fulltext search, column store | NO | NO | NO |
    | InnoDB | YES | Supports transactions, row-level locking, and foreign keys | YES | YES | YES |
    | PERFORMANCE_SCHEMA | YES | Performance Schema | NO | NO | NO |
    | ARCHIVE | YES | Archive storage engine | NO | NO | NO |
    +--------------------+---------+----------------------------------------------------------------+--------------+------+------------+
    10 rows in set (0.00 sec)

    なお、今回32/64bit両方のrpmを公開しましたが、公式サイトでは64bit版を推奨しており、32bit版は環境によって予期しない障害が発生する可能性があります。
    また、今後要望があれば、MySQL 5.1系に対応したmroongaパッケージを公開したいと思います。
    ※ mroongaはMySQL 5.0系には対応しておりません。

    以上で設定完了です。

    ※謝辞
    今回、mroongaをrpmパッケージ化し、再配布することを快くご承諾頂きました開発者の須藤様に厚く御礼申し上げます。


    以下、参考リンクです。

    Wikipedia(Linux)
    Wikipedia(CentOS)
    Wikipedia(MeCab)
    groonga
    mroonga

関連記事


FC2Blog Rankingblogram投票ボタンとれまが人気ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
くる天 人気ブログランキングにほんブログ村 IT技術ブログ CentOSへ

テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

CentOS6.4でのインストールについて

こちらのパッケージは、CentOS6.4には対応されていないでしょうか?
インストールすると、以下のエラーが発生してしまいました。

[vagrant@localhost etc]$ sudo yum install mysql56-mroonga
Loaded plugins: fastestmirror
Loading mirror speeds from cached hostfile
epel/metalink | 5.5 kB 00:00
* base: www.ftp.ne.jp
* epel: ftp.riken.jp
* extras: www.ftp.ne.jp
* updates: www.ftp.ne.jp
base | 3.7 kB 00:00
epel | 4.2 kB 00:00
epel/primary_db | 4.9 MB 00:03
extras | 3.4 kB 00:00
updates | 3.4 kB 00:00
updates/primary_db | 1.3 MB 00:01
Setting up Install Process
No package mysql56-mroonga available.
Error: Nothing to do
----------------------
mysqlのヴァージョンは、5.6.12ですでに起動しており、

mysql > INSTALL PLUGIN mroonga SONAME 'ha_mroonga.so';

を実行すると、
ERROR 1126 (HY000): Can't open shared library '/usr/lib/mysql/plugin/ha_mroonga.so' (errno: 2 /usr/lib/mysql/plugin/ha_mroonga.so: cannot open shared object file: No such file or directory)

というエラーが発生します。
何かアドバイスいただけましたら、大変ありがたいです。
よろしくお願いいたします。

Re: CentOS6.4でのインストールについて

> 何かアドバイスいただけましたら、大変ありがたいです。
> よろしくお願いいたします。

遅くなって申し訳ありません。
mroongaは、公式と同じポリシーに従ってビルドしております。
mroongaは基本的に、ビルド時に既にインストールされているmysqlのバージョンに合わせて行います。
従いまして、3.11ですと私の環境で5.6.15がインストールした状態でビルドしてますので、mysqlも
合わせていただくことになります。


基本的にwingリポジトリは公式に合ったポリシーに基づいてビルドしております。
そのため、個々のパッケージについては、ある程度熟知が必要と思います。
mroongaは特にrpmパッケージの中では特殊なルールだと思いますので、必ず公式
をチェックしてください。

なお、こういった質問はできればMLへ投稿頂ければ早くお返事できると思います。

宜しくお願い致します。
プロフィール

WING☆

Author:WING☆


カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

WING☆からのお知らせ
  • CentOS 7設定集
  •    └wingリポジトリ(el7)

  • CentOS 6 x64設定集
  •    └wingリポジトリ(el6)

  • CentOS 5 x64設定集
  •    └wingリポジトリ(el5)



    My Yahoo!に追加

    FC2ブログランキング



    リンク
    ブロとも一覧
    Virtualization & Sever Maniax
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QRコード
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる