CentOS 5.5でVMware Remote Consoleを使う方法

タックス

CentOS 5.5になってからというもの、Firefoxが3.6系になったことから、FirefoxからVMware Remote Consoleを起動できなくなりました。
なので、VMware Remote Consoleを直接起動する方法をご紹介したいと思います。

CentOS 5.4 x64にFirefox 3.6をインストール

過去に、このブログでご紹介しています、私独自のRPMパッケージにて、Firefox 3.6系を公開した時に発見しました不具合ですが、CentOS 5.5になった時に、CentOS自身がFirefox 3.6.4を公開し、その不具合が改善されていることを期待したのですが、結局改善されていないことがわかり、VMware Serverを利用することができなくなってしまいました。

しかし、VMware Remote Console自体は普通のプログラムですから、何らかの方法で起動することが出来るのではないかと調査したところ、コマンド一発で利用することが出来ることがわかりましたので、ご紹介したいと思います。

まず、GUIを立ち上げて下さい。
KDEでもGNOMEでも何でもいいです。

# startx

その後、以下のようなディレクトリに移動して下さい。

# cd ~/.mozilla/firefox/???????????/extensions/VMwareVMRC\@vmware.com/plugins/
# ls

そうすると、vmware-vmrcというものがあることを確認できると思います。
これを以下のコマンドで起動すれば、VMware Remote Consoleを利用することができます。

# ./vmware-vmrc

ちなみに、私はcdコマンドが面倒なので、以下のシンボリックリンクをホームディレクトリに作成しました。

# ln -s ~/.mozilla/firefox/???????????/extensions/VMwareVMRC\@vmware.com/plugins/vmware-vmrc ~/vmware-vmrc

起動しますと、ホスト名(192.168.0.1:8333など)、ユーザ名、パスワードが聞かれるので、それぞれ入力すると仮想マシンの一覧が表示されますので、選択し後は表示されるのを待つだけです。

これで、VMware ServerもFirefoxも利用できるようになりました。

以下、参考リンクです。

Wikipedia(Linux)
Wikipedia(CentOS)
Wikipedia(VMware)
VMware

CentOS 5.4 x64でVMware Server 2.0.2を設定

関連記事


FC2Blog Rankingblogram投票ボタンとれまが人気ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
くる天 人気ブログランキングにほんブログ村 IT技術ブログ CentOSへ

テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

WING☆

Author:WING☆


カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

WING☆からのお知らせ
  • CentOS 7設定集
  •    └wingリポジトリ(el7)

  • CentOS 6 x64設定集
  •    └wingリポジトリ(el6)

  • CentOS 5 x64設定集
  •    └wingリポジトリ(el5)



    My Yahoo!に追加

    FC2ブログランキング



    リンク
    ブロとも一覧
    Virtualization & Sever Maniax
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QRコード
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる