CentOS 5.4 x64でPostgreSQLとphpPgAdminを設定

タックス

※ 自作yumリポジトリ及びRPMにて、yumコマンドでphpPgAdminをインストールすることが可能になりました。詳しくは以下で。(2009/12/30)
RHEL/CentOS 5.4用yumリポジトリを公開 - にわかSEの独り言

CentOS 5.4 x64でPostgreSQLとphpPgAdminの設定方法をご紹介します。

  • PostgreSQLのインストール

  • # yum install postgresql-server

  • 自動起動の設定

  • # chkconfig postgresql on

  • PostgreSQLの起動

  • # service postgresql start

  • postgresql.confの編集

  • # vi /var/lib/pgsql/data/postgresql.conf
    WebサーバとPostgreSQLサーバが別な場合
    #listen_addresses = 'localhost'

    listen_addresses = '*'

    #password_encryption = on

    password_encryption = on

    PostgreSQLの統計情報
    stats_start_collector = true
    stats_command_string = true
    stats_block_level = true
    stats_row_level = true

    PostgreSQLのログ
    redirect_stderr = on
    log_directory = 'pg_log'
    log_filename = 'pgsql-%a.log'
    log_truncate_on_rotation = on
    log_rotation_age = 1440
    log_rotation_size = 0
    log_line_prefix = '%m:%p'

  • pg_hba.confの編集

  • # vi /var/lib/pgsql/data/pg_hba.conf
    Linuxユーザ名とDBユーザ名を一致させない場合
    #local all all ident sameuser

    local all all trust

    Linuxユーザ名とDBユーザ名を一致させない場合
    #host all all 127.0.0.1/32 ident sameuser

    host all all 127.0.0.1/32 trust

    WebサーバとPostgreSQLサーバが別な場合
    host all all 192.168.0.0/24 md5

    IPv6を使わない場合
    host all all ::1/128 ident sameuser

    #host all all ::1/128 ident sameuser

  • phppgadminユーザの作成(phpPgAdminにログオンするユーザの作成)

  • # su - postgres
    $ psql
    postgres=# CREATE ROLE phppgadmin WITH LOGIN PASSWORD 'パスワード';
    postgres=# \q
    $ exit

  • 設定の反映

  • # service postgresql reload

  • phpPgAdminの設定

  • ※私の場合、自作のRPMパッケージにてPHPのバージョンが5.2.11になっていますが、CentOSの最新版5.1.6でもOKです。また、php-pgsqlは最低入れておかないといけません。
    ※phpPgAdminを下記を参考にRPMパッケージにしても良いでしょう。
    CentOS 5.4 x64でRPMパッケージを作成中 - にわかSEの独り言
    CentOS 5.4 x64でSRPMからRPMにリビルドする方法 - にわかSEの独り言

    phpPgAdminの最新版をダウンロード(2009年12月27日現在の最新は4.2.2)

    # tar xzvf phpPgAdmin-4.2.2.tar.gz

    ※ ApacheのDocumentRootが/var/www/htmlだった場合
    # mv ./phpPgAdmin-4.2.2 /var/www/html/phpPgAdmin

    設定ファイルを変更する
    # mv /var/www/html/phpPgAdmin/conf/config.inc.php-dist /var/www/html/phpPgAdmin/conf/config.inc.php
    # vi /var/www/html/phpPgAdmin/conf/config.inc.php
    WebサーバとPostgreSQLサーバが別な場合
    $conf['servers'][0]['host'] = '192.168.0.1';

    日本語設定
    $conf['default_lang'] = 'japanese';

    postgresなどのスーパーユーザでログインしたい場合
    $conf['extra_login_security'] = false;

  • WebブラウザーでphpPgAdminにアクセスし先ほど作成したphppgadminユーザでログインする。

  • 以下、参考リンクです。

    Wikipedia(Linux)
    Wikipedia(CentOS)
    Wikipedia(PostgreSQL)

関連記事


FC2Blog Rankingblogram投票ボタンとれまが人気ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
くる天 人気ブログランキングにほんブログ村 IT技術ブログ CentOSへ

テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

WING☆

Author:WING☆


カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

WING☆からのお知らせ
  • CentOS 7設定集
  •    └wingリポジトリ(el7)

  • CentOS 6 x64設定集
  •    └wingリポジトリ(el6)

  • CentOS 5 x64設定集
  •    └wingリポジトリ(el5)



    My Yahoo!に追加

    FC2ブログランキング



    リンク
    ブロとも一覧
    Virtualization & Sever Maniax
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QRコード
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる