CentOS 5.2 x64でXenを設定(準仮想化)

タックス

前回は、ホストOS(Domain0)であるCentOS 5.2 x64にXenを設定し、「完全仮想化」でWindowsをインストールする手順をご紹介しましたが、今回は「準仮想化」でホストOS(Domain0)と同じCentOS 5.2 x64をインストールしてみましたので、設定方法をご紹介します。

準仮想化とは、完全仮想化と比較すると、動作速度が準仮想化の方が速いのですが、その分Xen用にカスタマイズしたカーネルを用いなければなりません。
そうなると、準仮想化でインストールできるOSは限られてきますが、最近のLinuxであればほとんど対応しているのではないでしょうか。
ちなみに、CentOS 5.2 x64は対応しています。

Xenの設定方法は、

CentOS 5.2 x64でXenを設定(完全仮想化)

と、ほとんど同じなのですが、上記との差異だけではわかりにくいと思いますので、上記の記事を利用して準仮想化の手順を再構成してみましたので、ご紹介致します。

  • Xenのインストール

  • # yum -y install xen kernel-xen kernel-xen-devel

    その他のものは、GUIで作業した方が早いので、ソフトウェアの追加/削除でインストール。
    xen_000.jpg
    オプションパッケージも含めて全てインストール。

  • /etc/grub.confを修正


  • default=1

    default=0


    これで、CentOS立ち上げ時に、Xenのカーネルで立ち上がるようになります。
    ブート時に選択したい場合は、修正しなくても良いです。

  • 再起動してXen用カーネルで立ち上げる

  • # reboot

    再起動後
    # uname -a
    にて、xen用のカーネルで立ち上がっていることを確認する。

  • グラフィックドライバーの変更

  • 私が使用しているPCは、NVIDIAのチップセット及びグラフィックチップが搭載されているので、このままでは、X Windowが立ち上がりません。
    どうやら、XenのカーネルとNVIDIAのドライバーの相性が悪いようです。
    なので、/etc/X11/xorg.confを修正します。

    Driver "nvidia"

    Driver "vesa"


    これで、1600x1200では立ち上がらなくなりましたが、1280x1024で立ち上がるようになりました。
    もしも、同様に立ち上がらなければ、上記のように修正してみて下さい。

  • ISOファイルをマウント

  • ※インストールメディアをISOファイルでマウントしてインストールする場合のみ実行して下さい。
    ※Apacheが動作していて、DocumentRootが/var/www/htmlという前提で以下を実行して下さい。


    # mkdir /mnt/iso
    # mount -o loop ISOファイル名 /mnt/iso
    # ln -s /mnt/iso /var/www/html/iso

  • Xenの起動確認及び仮想マシン(DomainU)の作成

  • GNOMEの場合
    メニューの「アプリケーション」→「システムツール」→「仮想マシンマネージャー」を開く。

    KDEの場合
    メニューの「システム」→「仮想マシンマネージャー」を開く。

    xen_001.jpg
    右クリック→「接続」をクリック
    「新規」をクリック

    xen_002.jpg
    「進む」をクリック

    xen_003.jpg
    システム名を入力し「進む」をクリック

    xen_004a.jpg
    「準仮想化」を選び「進む」をクリック

    xen_005a.jpg
    「インストールメディアのURL」を入力。
    前述のとおりにISOファイルをマウントした場合は、http://localhost/iso/となる。
    ISOファイルではなく、直接ダウンロードする場合は、理研などのサーバのURLを指定して下さい。

    xen_006.jpg
    「シンプルファイル」を選択。
    ファイルサイズは「20500」MB。
    「進む」をクリック

    xen_007.jpg
    「共有物理装置」を選択。
    「進む」をクリック

    xen_008.jpg
    ホストOS(Domain0)の範囲を超えないように、メモリーとCPUの数を設定。

    xen_009.jpg
    「進む」をクリック

    xen_010.jpg
    仮想ディスク、ドメインの作成中

    あとは、OSのインストール手順どおりです。
    ISOファイルをマウントしてインストールしている場合、OSのインストール中にメディアのURLを聞いてきますが、localhostからホストOS(Domain0)のIPアドレスに変更すれば、続行されます。
    OSのセットアップ後、ISOファイルをマウントしていた場合は、以下の手順で後片付けをして下さい。

    # rm /var/www/html/iso
    # umount /mnt/iso

    触ってみた感想ですが、画面の動きはさすがにVMware Playerと比べれば、遅く感じますし、フレームスキップしているような感じではありますが、処理はそこそこ速いのではないかと思います。
    画面がスムーズじゃないだけで、仮想化して複数のサーバを運用するには、十分ではないかと思います。

    これで、NVIDIAのドライバーがOKだったら、常用して使うんだけどな…
    1600x1200の解像度で常に作業していると、1280x1024っていう解像度には戻れないですね。

    以下、参考リンクです。

    Wikipedia(Linux)
    Wikipedia(CentOS)
    Wikipedia(Xen)
    Xen

    CentOS 5.2 x64でVMware Playerを設定 - にわかSEの独り言
    CentOS 5.2 x64でXenを設定(完全仮想化) - にわかSEの独り言
    CentOS 5.2 x64でISOファイルをmount(マウント)する方法 - にわかSEの独り言


関連記事


FC2Blog Rankingblogram投票ボタンとれまが人気ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
くる天 人気ブログランキングにほんブログ村 IT技術ブログ CentOSへ

テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

WING☆

Author:WING☆


カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

WING☆からのお知らせ
  • CentOS 7設定集
  •    └wingリポジトリ(el7)

  • CentOS 6 x64設定集
  •    └wingリポジトリ(el6)

  • CentOS 5 x64設定集
  •    └wingリポジトリ(el5)



    My Yahoo!に追加

    FC2ブログランキング



    リンク
    ブロとも一覧
    Virtualization & Sever Maniax
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QRコード
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる