スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CentOS 5.2 x64でviを使いこなす

タックス

UNIXやLinuxを使い始めると、最初に待ち受ける難関が、このviではないでしょうか。
UNIXやLinuxは、コマンドラインでの操作が基本であり、標準的なテキストエディタはviです。
しかし、Windowsに慣れてしまった人にとって、viの操作方法は鬼門です。
今回は、viの使い方を解説したいと思います。

と、解説しようとしている私も実はviが苦手です。
どちらかというと、後日解説するemacsの方を主に使っています。
昔、私にLinuxを教えてくれた人が、emacs信者だったためでもありますが、viを覚えなかったことを今でも悔やんでいます。
なぜ悔やんでいるかというと、emacsはインストールしなければ使えないエディタですが、viはほとんどというか、全てのUNIXやLinuxにインストールされていると言っても過言ではないテキストエディタですから、いざ設定変更するためにテキストファイルを修正しなければならないときに、viが使えないと大変苦労してしまいます。
そのため、自分のためということも含めて、解説したいと思います。

  • 起動方法

  • # vi ファイル名

  • カーソルの操作

  • カーソルの操作は、キーボード上の矢印ボタンで移動することはできますが、「通」は使いません。
    また、必ずキーボード上に矢印ボタンがあるとは限りません。
    そこで、viは以下のキーを使って、カーソル移動します。

    キーhjkl
    方向
    ※キーを入力する前に、数字を入力すると、入力した数字分カーソル移動します。

    これは練習あるのみです。
    是非、体で覚えるようにして下さい。

  • viの3種類のモード

  • viには、「インサートモード」「コマンドモード」「exモード」の3つのモードがあります。

    1. 「インサートモード」
    インサートモードとは、文字を入力するモードです。
    コマンドモードで、以下のいずれかの操作で、インサートモードになって文字を入力することができます。
    [i]キー(小文字のアイ) カーソルの前に文字を挿入。
    [I]キー(大文字のアイ) カーソルの行の先頭に文字を挿入。
    [a]キー(小文字のエー) カーソルの後に文字を挿入。
    [A]キー(大文字のエー) カーソルの行の末尾に文字を挿入。
    [o]キー(小文字のオー) カーソルの下に文字を挿入。
    [O]キー(大文字のオー) カーソルの上に文字を挿入。(行が挿入される)
    また、インサートモードでは、以下の操作が行えます。
    [BS]キー(BackSpace) カーソルの前の文字を削除。
    [Del]キー(Delete) カーソル位置の文字を削除。
    [Esc]キー(Esc) コマンドモードに戻ります。

    2. 「コマンドモード」
    コマンドモードとは、入力されているテキストの内容を加工したり、カーソル移動するモードです。
    viを立ち上げ後は、このコマンドモードになっています。
    コマンドモードでは、以下の操作が行えます。
    [u]キー 直前の作業を取り消す(アンドゥ)。
    [U]キー 現在の行の変更を全て取消。

    [0]キー(ゼロ) カーソルを行の先頭に移動。
    [$]キー カーソルを行の末尾に移動。
    [H]キー 先頭行に移動。
    [L]キー 末尾行に移動。

    [Ctrl]+[f]キー カーソル位置から1ページ分下に移動。
    [Ctrl]+[b]キー カーソル位置から1ページ分上に移動。

    [J]キー カーソルのある行と次の行を連結(2行を1行にする)。

    [x]キー 1文字切り取り。
    [数字][x]キー カーソル位置から文字数分切り取り。
    [X]キー カーソル位置の左1文字切り取り。
    [数字][X]キー カーソル位置から左文字数分切り取り。
    [dd]キー 1行切り取り。
    [数字][dd]キー カーソル行から行数分切り取り。
    [Y]キー or [yy]キー 1行コピー。
    [数字][y][l]キー 右方向に文字数分コピー。
    [数字][y][h]キー 左方向に文字数分コピー。
    [数字][y][k]キー 上方向の行数分コピー。
    [数字][y][j]キー 下方向の行数分コピー。
    [v]キー 選択範囲開始後、範囲を指定し[y]キーでコピー
    [p]キー(小文字のピー) 上記コピーしたものを下にペースト(貼り付け)。
    [P]キー(大文字のピー) 上記コピーしたものを上にペースト(貼り付け)。

    [r]キー 1文字だけ書き直す。
    単語の先頭で[c][w]キー 単語を書き直す。
    単語の先頭で[数字][c][l]キー 文字数分を書き直す。

    [.]キー 直前の操作を繰り返す。

    [ZZ]キー viの終了。変更時は保存して終了。

    3. 「exモード」
    exモードとは、ファイルの保存や文字列検索、置換などを行うモードです。
    コマンドモードで、[:]または[/]でexモードにすることができます。

    :w (Filename) ファイルの保存。別の名前で保存する場合は、Filenameを指定。
    :w! (Filename) 既に同名のファイルが存在していても、上書き保存。
    :q viを終了。
    :q! viを強制終了。(ファイルを修正したが、保存しないで終了する場合など)
    :wq (Filename) 保存してviを終了。
    :sh 一時的にシェルに戻る。viに戻る時は、exitコマンド。
    :数字 指定行へ移動。
    /検索キーワード 該当のキーワードにカーソルが下方へ移動。[n]キーで下方、[N]キーで上方に検索。
    ?検索キーワード 該当のキーワードにカーソルが上方へ移動。[n]キーで上方、[N]キーで下方に検索。
    :%s/置換前文字列/置換後文字列/ カーソル近辺の文字列を1つだけ置換。
    :%s/置換前文字列/置換後文字列/g ファイル内の該当の文字列を一括置換。
    :数字1,数字2s/置換前文字列/置換後文字列/g 数字1~数字2行の該当の文字列を一括置換。
    [Esc]キー(Esc) コマンドモードに戻ります。

  • もしも、操作に迷ったら

  • とりあえず、[Esc]キーを連打するのが基本です。
    これで全ての操作をリセットできます。
    その後に、この解説ページをゆっくり見て、操作してはいかがでしょうか。


    全てを覚える必要は無いですが、少しでもviを使いこなすために役立てばと思います。

    以下、参考リンクです。

    Wikipedia(Linux)
    Wikipedia(CentOS)
    Wikipedia(vi)


関連記事


FC2Blog Rankingblogram投票ボタンとれまが人気ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
くる天 人気ブログランキングにほんブログ村 IT技術ブログ CentOSへ

テーマ : Linux
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

WING☆

Author:WING☆


カレンダー
12 | 2017/03 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

WING☆からのお知らせ
  • CentOS 7設定集
  •    └wingリポジトリ(el7)

  • CentOS 6 x64設定集
  •    └wingリポジトリ(el6)

  • CentOS 5 x64設定集
  •    └wingリポジトリ(el5)



    My Yahoo!に追加

    FC2ブログランキング



    リンク
    ブロとも一覧
    Virtualization & Sever Maniax
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QRコード
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。