スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CentOS 5.2 x64のVMware PlayerでWindows XPをインストール

タックスWindows

CentOS 5.2 x64のVMware PlayerでWindows XPをインストールしてみました。
今回はその手順は省略しますが、いったいどこまで普段の使用に耐えられるものなのか、検証してみました。
  • Windows XP Professionalをインストール

  • インストールについては、何も問題無く終わりました。
    しいて言えば、今回はCDからのインストールだったので、多少時間がかかりました。
    あと、SP3にアップデートしてから、VMToolsもインストールしましたが、非常に快適です。

  • ウイルスバスター2009をインストール

  • 2台分のライセンスを使用しており、あと1台分残ってましたので、入れてみました。
    多少レスポンスが落ちたかな?と思いますが、特に通常使う分には、問題無いレベルだと思います。

  • Direct3D関係

  • ほぼアウトでした…
    やっぱりまだまだというか、エミュレータで3Dは速度が出ないから実機の方がいいかな。

  • スーパーマルチドライブへの書き込み

  • 一度やってみたかったのですが、Windows XP Professional SP3のCDを作成していなかったので、ついでにISOファイルをCD-Rに記録してみました。(SP3は容量が大きいので、DVD-Rになります。)
    そうすると、ナント書き込みできちゃうんですね…
    ソフトは、定番中の定番であるDVD Decrypterを使用しました。
    ホストOSがLinuxでゲストOSがWindowsという構成で、ちょっと心配ではありましたが、これは使えますね。

  • プリンターCanon MP600を設定

  • もともと、ホストOSのCentOSには、常に接続されており、CUPS経由で各クライアントから印刷ができるようになっていましたが、VMware上のWindowsはどうなるのかと思ったら、本当に通常のドライバーインストールで、印刷できちゃいました。
    年賀状データとか、全部VMware上に移行させちゃおうかな…

  • 時刻のズレ

  • VMToolsのオプションに、ホストOSと同期するチェックを入れると、全くズレませんね。
    ゲストOSがLinuxだと、狂ってしまうという現象は有名ですが。
    (いずれ、狂う現象については、解決できる手法をご紹介します。)

  • USBメモリーの認識

  • これもちゃんと認識。
    問題無く使えるようです。
    ただし、USBメモリーをフォーマットすると、最後の最後にブルースクリーンが出てしまいます。
    2度ほど試しましたが、出ましたので、何かあるのでしょう。
    ちょっと残念。
    ちなみに、Fedora 9の時は、USBメモリーが認識せず、フリーズしてしまいます。
    USBメモリーを抜くと復活するのですが…

  • 動画再生

  • CPUがAthlon64 X2 3600+ということもあり、さすがにエミュレータ上では動きがカクカクしたり、音にノイズが入ってしまいます。
    たぶん、もっと速いCPUであれば、全く問題無いと思います。

  • 文字入力

  • ホストOSがLinuxの場合だけなのかもしれませんし、Windows 7の時もFedora 9の時も同じだったのですが、キーリピート(オートリピート)の反応が無茶苦茶敏感で、文字入力が難しいです。
    例えば、「WING」と入力したとすると、「WWWIIIIIIINNNGGGGGGGG」みたいな感じになってしまいます。
    一応コントロールパネルの、キーボードでできるだけ遅くなるように設定しましたが、あまり改善されませんでした。
    これ、直す方法無いですかね…
    一応調べてみましたが、相性がどうとかって書いてありました…

  • まとめ

  • 思った以上に、普通に使えるんだなと思いました。
    たぶん、動画編集と3D系やゲームを我慢すれば、普通の作業には全くの支障は出ないのではないかと思います。
    実は、WindowsからCentOSに移行中の私ですが、この部分だけがどうしてもできない部分ではありました。
    ただ、スーパーマルチドライブでISOを書き込みできちゃうのは、嬉しいです。
    VMwareの出来は本当に素晴らしいと実感しました。
    検証用にも使えるし、何より2台のパソコンを立ち上げなくても良いというのが魅力です。
    皆様も是非、こういう使い方を試してみてはいかがでしょうか。

    以下、参考リンクです。

    Wikipedia(Linux)
    Wikipedia(CentOS)
    Wikipedia(VMware)
    VMware Player
    VMX-Editor
    QEMU

    CentOS 5.2 x64のVMware PlayerでWindows 7をインストール - にわかSEの独り言
    CentOS 5.2 x64のVMware PlayerでFedora 9 x64をインストール - にわかSEの独り言


関連記事


FC2Blog Rankingblogram投票ボタンとれまが人気ブログランキングブログランキング・にほんブログ村へ
くる天 人気ブログランキングにほんブログ村 IT技術ブログ CentOSへ

テーマ : Windows 全般
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

WING☆

Author:WING☆


カレンダー
12 | 2017/03 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

WING☆からのお知らせ
  • CentOS 7設定集
  •    └wingリポジトリ(el7)

  • CentOS 6 x64設定集
  •    └wingリポジトリ(el6)

  • CentOS 5 x64設定集
  •    └wingリポジトリ(el5)



    My Yahoo!に追加

    FC2ブログランキング



    リンク
    ブロとも一覧
    Virtualization & Sever Maniax
    RSSリンクの表示
    QRコード
    QRコード
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。